建設業で働く皆さんへ

  • 岡山県建設労働組合とは

各種実施事業

  • 建設国保
  • 労災保険
  • 各種共済・保険
  • 資格取得
  • 岡山県木造住宅建設協会
  • 職業訓練校を開設
  • 相談(事故・法律・税金)
  • 加入手続きは最寄の支部で
〒700-0024 岡山県岡山市北区駅元町23-12
地図を表示する
TEL:086-252-2338
  • 組合員の方へ

組合員の方へ 岡山県建設労働組合から組合員の皆様へお知らせ

特定健診・特定保健指導を受けよう

平成24年度には受診率70%を達成しよう

平成20年度から『特定健診、特定保健指導』が始まり、建設国保でも取り組んでいます。
これは、内臓脂肪が蓄積すると(メタボリック症候群)、生活習慣病が発病しやすくなることから予備群の状態から食事の改善や、運動などに積極的に取り組んでいただき改善を目指すものです。

特定健診の対象者
  • 建設国保に加入している40歳以上74歳までの方
特定健診の除外者
  • 妊娠中または出産後1年以内
  • 国内に住所を有しないもの
  • 刑事施設に拘禁されているもの
  • 病院または診療所に6ヶ月以上継続して入院しているもの
  • 高齢者の施設に入所入居しているもの
内臓脂肪3キロ減らすと、スッキリ

特定保健指導の対象者の選び方

  • 服薬中(高血圧、糖尿病、コレステロールの薬)の方は除外
  • 65歳以上74歳までは積極的支援でも動機づけ支援に該当
建設国保では、この基準のうえに生活改善の意志がある方を選んでいます。

建設国保の目標・・・受診へのご協力をお願いします。

5年後には受診率70% 保健指導利用率45%

特定健診の受け方

市町村では受診できません。下の方法を守って下さい。

  1. 組合員と妻  →  集団健診または日帰り人間ドック
  2. (希望者には受診券発行1,000円自
  3. 己負担が必要)
  4. その他の被保険者 → 受診券で受診

※組合内規定による日帰り人間ドック受診は特定健診を受けたと見なされます

特定保健指導の受け方

受診から2、3か月後、対象者に利用券と利用案内をお届けする予定です。